2014年09月06日

スゴい『冷え知らず』下着…秘密は黒ショウガ!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




「低刺激、低着圧、蒸れにくく動きやすいという4つの要素を盛り込んで下着の不快感から解放したい」
グンゼ(大阪市北区)のインナーウエア事業本部レディスMD部の後藤直子部長は意気込む。

40代女性向けに展開する「キレイラボ」ブランドのターゲット層を見直し、下着に対する悩みを抱える20代以上向けとしてリニューアル。その第一弾が縦横に伸びる「肌側綿100%パワーネット」と呼ぶ新素材を採用したブラジャーとガードルだ。

 合成繊維と綿の混紡ではなく、ナイロンなど合繊糸と綿糸を使い、肌側に綿糸だけが表れる特殊編みで作った。生地の表側はつるりとしているが、肌側は綿そのもののさわり心地だ。伸縮性やサポート力があり、洗濯表示は生地への熱転写プリントで、タグによる刺激もない。



ショウガ成分を秋冬用肌着に採用したのは、トリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京都中央区)。
展開6年目を迎える「マジ軽ホット」シリーズで、食品メーカーの永谷園(港区)と組んで「『冷え知らず』さんの生姜(しょうが)インナー マジ軽ホット」を発売した。












posted by インナー大好きビキニ大好き at 13:03| モテ水着モテ下着ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。